よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

臨床

睡眠薬の過剰内服

睡眠薬を過剰に内服した自殺期との患者との体験を記事にしました。

かわいそうな人工呼吸管理

コミュニケーション能力に欠ける意志が招いた不幸の具体例を紹介します。

大動脈解離急増中!!

急性大動脈解離の患者が急増していますが、コロナウイルス感染症対策をしながらの処置は、現場に多大なストレスをかけています。

ECMOのポンプが止まって大慌て!

ECMOが血栓閉塞した現場は、まさに戦場となります。

ワクチン接種が効率アップしていた

ワクチン接種の遅れが指摘されている中、現場も頑張って効率化を進めています。

コロナウイルスがすぐそばにやってきた

私の近くにもコロナウイルス感染者が出てきました。

後輩と吻合スピード勝負

スピードというわかりやすい目標で手技の上達を確認し合うことは、手術の上達を目指す上で非常に大事なことだと感じました。

理解してもらうまでが説明だけど

説明した通りに患者が実行してくれないことは時々経験されることがあるかと思います。自己責任なのか、管理責任なのか、そのどちらも悲しい現状ですね。

診察とICは区別すべし

診察とインフォームドコンセントは、会話の進め方が違います。会話と引き出すスキルと同様に会話を切って話題を変えるスキルも大事です。

救急車を有効に使ってほしい

救急車を使うことをためらう患者の中に、とても重症な患者が紛れていることがあります。私たち医師は救急車を正しく使ってもらうように情報発信をすべきだと思います。

ECMO患者が増えてきました

ECMOの適応やアプローチについて知っておき、トラブルシューティングに役立ててください。

日本のコロナ対策が生んだヒズミ

日本の対策がコロナウイルス感染症の蔓延の原因になっている可能性があります。

コロナウイルスワクチン3回目を打ちました

先日コロナウイルスワクチンの3回目を摂取しました。最近の感染拡大も心配ですね。

選択肢持たせることが優しさではない

ICで情報量が多い場合、選択に困る患者に優しい対応ができますか?

コロナで移植手術は減少中・・・

コロナ禍において心臓移植症例数が6割近くに減少しています。

病棟に根を張ってしまった術後の患者

医療事故について私が思うことを記事にしました。