よりみち外科医のひとりごと

よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

好きなサービスを応援し続けよう

学生時代に温泉旅行に行って
露天風呂から上がった帰りの廊下で
足ツボマッサージを見つけたので
興味本位で立ち寄ったら
どこを押しても激痛で悲鳴を上げ続けた上に
マッサージ師から
体のどこもいいところがありませんと言われた
"よりみち外科医"です。
#20代ですでに不健康体

 

 

今日は最近多くなった
サブスクリプションのサービスについて
自分のお気に入りのものは
積極的に周囲に広めた方がいいよという話題です。
#急に偉そう

 

サブスクリプションとは
定額を支払うことで利用できるサービスのことで
"所有する"のではなく"利用する"という用途の
サービスを指します。

支払いが継続し続けるので
サブスクリプションに抵抗のある方も少なくないかと思いますが
学会費なんか超高額サブスクリプションですよね。
#こんなにコスパが悪いサブスクはない

 

サービスを提供する側としては
サブスクリプションは売り上げを安定化することができて
見通しの良い企業活動ができます。
#固定給の感じ

 

アプリなどのソフトウェアに関しては
セキュリティや利便性、
ハードウェアのアップデートに合わせて
こちらもアップデートしないといけないので
サービスが安定していることは非常に重要です。

 

つまり、
サービスを受ける側も
急に使いにくくなったり
時代に合わない形のままだったりせずに
気持ちよく利用し続けるものは
やはりサブスクリプションのサービスになりますよね。
#収入があるから働き続けられる

 

私の場合を例にすると
"Paperpile"という文献管理ツールを愛用していて
これを周囲に広めています。

↓こちらもご参照ください

Paperpile | よりみち外科医のstep up note

 

もともとは"Mendeley"という
別の文献管理ツールを利用していた。


これは無料で利用できることが特徴で
当初は非常に満足していましたが
あるとき急にiPadに対応しなくなりました。
#これは地獄

 

無料のサービスにケチをつけるのもどうかとは思いますが
無料で続けられるのは広告ビジネスとからめているものであって
文献管理ツールはそことの親和性がよくない
そして案の定サービスを維持できませんでした。
#お金もらえないとモチベーションが下がるのはみんな一緒


"Paperpile"には月額$2.99のコストが発生しますが
これがサービスの維持とアップデートの資金源となるため
安定して利用できる可能性が高まります。
#月300円程度のコストなら安い

 

そして私がこの"Paperpile"を広める理由は
利用者が増えれば資金繰りが良くなり
さらにアップデートされて使いやすくなる可能性が広がるからです。

 

自分が本当に良いと思うものを広めて
結果サービスが良くなって自分が得をするなら
みんなハッピーですよね。
#win-win

 

一時的な収入目当ての怪しい広告も多い世の中ですが
サブスクリプションは本当に良いサービスがどんどん改良され
よくないサービスは淘汰される
非常にフェアなモデルだと思います。
#サブスクの勝利

 

この話を聞いて
なんでも買い切りの方がいい、と言い切れますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

ひとやすみ、ひとやすみ。