よりみち外科医のひとりごと

よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

ぼーっとする時間を大切にする

外勤先で外来業務をしているときに
たまたま受診する患者がいなくて
5分以上暇な時間があると
座ったまま寝てしまう
"よりみち外科医"です。

普通に起こしてもらいたいのですが
次の患者が来ると外来看護師さんがざわつき始めて
物々しい雰囲気なります。
#どこでも眠れるのが外科医です

 

 

今日はぼーっとしている時間も
実は大事な時間だったりするみたいですよというお話です。
#休みなさいと言う話ではないです

 

特に多忙な方に多いと思っているのですが、
時間を有効活用することばかり考えていると
ぼーっとする時間が無駄なような気がしてしまう
このような考え方に当てはまる方はいませんか?

 

しかし、
意外と少しの時間も惜しまずに
勉強してインプットし続けている人でも
その内容はどうだったかと聞かれると
そんなに記憶に残っていないことも多くないでしょうか?
#成長している気がしないってやつ

 

また、ただひたすら事実だけを吸収して
特に面白い発想をするでもなく
人の真似をするだけというのも
つまらないなーという人にお勧めしたのが
適度にぼーっとする時間をとることです。

 

今回の内容も
"OUTPUT大全"
から引用させていただきました。

 

最新の脳科学では
ぼーっとしている時は実は思考能力が高まり、
創造性が豊かになっているそうです。
#宗教ではありません

 

創造性が豊かになる4つのシチュエーションを
4Bといって紹介されています。

Bathroom : お風呂、トイレ
Bus : バス
Bed : 寝床
Bar : バー

著名な起業家たちも
人生の転換期に思い付いた発想は
実はこれらのシチュエーションで生まれたと言われています。
#私はぼーっとする間も無く寝てしまいます

 

少し専門的な言葉を用いると
このぼーっとしてる時に活性化する脳の仕組みを
デフォルトモードネットワーク
と言うそうです。
#急に専門用語

 

このデフォルトモードネットワークは
集中している時には不活性となっています。

デフォルトモードネットワークが活性化しているときは
想像力が豊かになる一方で
注意力が散漫となるデメリットもあるそうです。
#運転中は危ないですね

 

デフォルトモードネットワークは
今ある知識や経験、考えをつなぎ合わせる作業なので
この機能を活性化する前にしっかりと考え抜いて
たくさんの課題や問題点をあぶり出している状態だと
特に有効に活用できるようです。

 

つまり、
一日中ぼーっとしていることがいいと言うわけではなくて、
いろいろな情報を入手して、
自分なりに考え抜いた上で、
体を休めてぼーっとする時間を取ると
思いがけず良いアイデアを思いつくことがありますよ
と言うことなんだと思います。
#ぼーっとする準備がいるんですね

 

いつも多忙にされている方、
そんなときこそぼーっとする時間も大事にすると
もっと良い仕事や娯楽ができるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

ひとやすみ、ひとやすみ。