よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

読書が教えてくれること

歯医者で親知らずの位置が悪いため
大きな病院で抜いてもらった方がいいと勧められ
紹介状をもらって帰ったのですが、
病院での手続きのやり方や受付の位置など
付箋を買って万全の準備をしていたのに
受診当日に紹介状を自宅に忘れてしまった
"よりみち外科医"です。

#開き直るしかない

 

日本全国酒飲み音頭

日本全国酒飲み音頭

  • ラクーダー
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

今日は休日なので
のんびりした記事と今後の目標についてです。

 

私は通勤でも休憩時間でも洗濯物をたたむ間でも
音声メディアを楽しみながら過ごす毎日です。
#音声メディア最高

 

yoriste.com

 

yoriste.com

 

今回も
夢をかなえるゾウの
ガネーシャ(主人公のゾウ)から教えてもらったことを
思い出しながら記事にします。

 

 

私はもともと読書は大の苦手で、
幼少期からほとんど本を読んだことがありません。
#自慢じゃない

 

しかし最近になって
読書から得られる発想やエネルギーは
意外と自分に思考能力や、問題解決能力を与えてくれるもので
ありがたい存在なんだと気が付きました。

 

ガネーシャが言うには
自分の悩むことはすでに世の中の誰かが経験していて、
その誰かが書いた本はその答えを教えてくれる
とあります。
#本って頼もしいね

 

本を探すときは
何か読みたい本がないか探すのではなくて、
自分の解決したい課題があって、
その答え導いてくれる本を探すことが
本から何かを得られるアクションなんだと思います。

 

自分の悩みなど既に他の誰かが経験している
ということに気づくきっかけって
意外とない気がしました。
#自分は気づかなかった

 

桜

  • provided courtesy of iTunes

 

そう考えるだけで
気持ちが楽になると思ますし、
その答えを本から教えてもらえたら
また一つ成長できると思います。

 

今の時代に本を購入するときは
帯や表紙のインパクト、
作者の知名度やレビューの良しあしで
選択しがちです。
#私もです

 

それでも新しい発見はあると思いますが
自分に課題をもっていて
それを解決できる本を選べる人は
さらに効率的に人生を豊かにできるのではないかと思います。

 

私のイフゼンプランニングも
自分に課題を見つけて
それを解決するトレーニングの繰り返しです。

 

これからもたくさんの本に出会い
役に立てれば内容を共有していこうと思います。

 

来週のイフゼンプランニングですが
英語の論文を書き写すを継続していきます。
#代り映えないな

 

・毎日仕事の合間や終了後に、関連疾患分野のケースレポートを書き写す
・参考にする論文は週末にiPadに取り込んでおき、iPadを常に持ち歩く
・21時にアラームを設定して自分にアラートする

 

このプランニングで
1週間で1論文をすべて書き終わることを課題にします。

 

今後もよりみち外科医を応援よろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

記事内のリンクの一部は
アフィリエイトを含みます。

 

こちらから購入されると
よりみち外科医の活動を応援していただくことになり、
その利益はすべて
手術器具や後輩育成の教材に使用させていただきます。

 

外科医の未来を応援していただける方々の
少しでもお役に立てるように今後も情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。