よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

医師もマネーリテラシーが必要!

ショートスリーパー
朝起きるのが早いことを
自慢していたら、
いつも昼寝をしていることを
指摘されて
誇れるものがなくなった
“よりみち外科医”です

>月並みの人間です

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

先日、
後輩の外勤先の病院が
今月いっぱいで営業をやめる
というショッキングな話を
耳にしました。

 

それほど頻度が多いわけではありませんが、
このようなことが起こると
大学病院の医師は資金繰りに
困ることになります。

 

今回はそんなことに陥る前に
マネーリテラシーを獲得して
お金に関する対策を
自分で立てることをオススメしたいと考え、
その重要性について記事にしました。

 

<大学病院勤務というリスク>

 

私たち大学病院の医師は
勤務している病院からは
十分な給料をいただけないため、
外勤で給料を増やすことによって
生活を維持しています。

 

外勤先の病院が減ると
それが直接家計に響くようになるため、
非常に大変なことになります。

 

外勤先からの収入に
依存しているため、
給料が安定しない職種であることを
忘れていけません。

 

社会的なサポートはなく、
人的資本に任せて
日銭を稼いでいる状態で
ほとんど個人事業主
同じ立場と考えた方が良いでしょう。

 

<もし一時的に働けなくなったら>

 

大きな怪我をしたり、
入院が必要になったりした場合、
収入は時間外や当直手当てがなくなった
非常に少ない基本給だけになってしまいます。

 

このご時世では
コロナウイルスに感染して
隔離された場合も
同様の心配がありますよね。

 

この状態を生き抜くためには

 

あらかじめ貯金しておくか、
給与保証付きの保険に入るという

 

の二つの選択肢があります。

 

この二つの選択肢は
勉強に時間を費やす必要が
ほとんどありません。

 

しかし、
貯金であれば
日々目減りしていく残高を
見続けるストレスがあります。

 

給与保証付きの保険は
当たり前ですが
ほとんどの場合損をするように
設計されているため、
健康な時の支出が増え、
資産を形成する妨げになります。

上記のように
万が一に備えても
それなりにストレスを不安を
抱えなければいけない
ということがわかります。

 

 

 

<生活を守るために副業や投資を>

 

現場に行けない状態でも
自宅や入院中に仕事ができたり、
投資からの配当で生活できたり、
プラスの収入があれば
その問題が解決する可能性があります。

 

いわゆる副業をできるように
スキルを身につけること、
投資の勉強をして
余剰資金で無理のない運用をすること、
これらがもしもの時に
きっと役に立ちます。

 

副業や投資には
収益を得るために
勉強が必要です。

 


しかし、
人的資本に任せる、

つまり自分が動いている時間しか
稼ぎを産まない働き方に
依存することは
これまでにお話ししたような
危機的状態で破綻するリスクを
背負ったままであることを
理解しておく必要があると思います。

 

忙しくない病院での当直や、
外勤先への移動中などの
可処分時間をうまく利用して
それらの勉強をすることは
きっと自分を守る大事な糧になります。

 

<お金は余って苦労することはない>

 

結果として
危機的な状態になることなく
副業や投資がうまくいって
お金が余剰に手に入ったとして
それは別に問題ではありません。

 

確定申告を
自分でしっかりと行い、
節税策をとってお金を守れば
再投資してさらに資産を増やすことも
自己投資して今の生活を楽しむことも
全く問題はないでしょう。

 

外科医になって
身を投じて働いているにも関わらず、
金銭的な問題で
苦労する人を見ると
いたたまれない気持ちになります。

 

あなたの人生を大事にするためなので
あらかじめしっかり準備をしておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。