よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

マネーリテラシーが高い研修医

〇〇しか勝たん
という安直な流行り文句を言われたら
そうでもないよ、
△△でもよくない?
と喝を入れてやりたいと
無駄な意地を張って対抗しようとしている
“よりみち外科医”です。

>これだからおじさんは

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは雑談の中から
思いがけず意見が一致する経験をよくしますか?

 

先日の話ですが、
心臓血管外科をローテートしてくれている
研修医と雑談をしていて、
たまたま旅行が好きだという話から
どのようにお金を使うかという話に進み
お金についての意見交換をしました。

 

私よりも10年弱若い
研修医の先生から
お金の運用や使い方について
真剣に話すことは珍しい機会でした。

 

若いにも関わらず
非常に高いマネーリテラシーを持っていて
驚かされました。

 

<友人関係は大切>

 

研修医の先生は
税金の仕組みや
節税についても
知識を持っていました。

 

とても親しい友人に
公認会計士の方がいて
日常的に相談する機会に
恵まれているということでした。

 

私はそのような友人はいないため、
独学とtrial and errorで
少しずつ糧にしてきました。

 

お金の勉強をする一番のきっかけは
お金の話をする仲間がいること
だと思います。

 

日本人は
お金の話をすると卑しい印象を持ちやすく、
あまりお金の話をしたがりません。

 

友人にお金のエキスパートがいるということは
かなり有利な立ち位置ですね。

 

<きっかけは遊び心>

 

資産運用の方法としては
いろいろな商品がありますが、
大きく分けて
2つのパターンがあると思います。

 

自分で調べて決めたものに投資するか
他人に任せてお薦めされたものに投資をするか

の2択です。

 

この考えは投資に関するスタンスなので、
商品で区別することが難しいですが、
印象としては

前者が株式やFXなど
後者は投資信託や保険など

と言えるのではないでしょうか。

 

どうせやるなら
自分が決めたものに投資をして
それがどうなるのか見てみたいという
遊び心がある人は
前者を選択するでしょう。

 

その結果が
うまくいっても
うまくいかなくても
自分の選択に対するフィードバックがあり
経験と学びが増えるので
マネーリテラシーは
上がりやすいと思います。

 

 

 

<楽しむことは大事>

 

うまくいかなかった時の
メンタル維持のためには
投資を楽しんでいることが
大事なのではないかと思います。

 

研修医の先生は
自分の稼いだ資金で
いろいろな投資にチャレンジして、
リテラシーを身につけながら
楽しんでいました。

 

医師が投資をすることは
悪いことでしょうか?

 

医師の給与形態は
5-10年くらいで頭打ちになりますが、
所属学会が増えるなどで
出費は増えるというのが一般的です。

 

結婚して子どものいる家庭では
それほど余裕のある生活はできず、
お金に余裕がある人は多くいません。

 

収入を増やすためには
アルバイトを増やすなど
人的資本を使うことが
ほとんどです。

若いうちから
投資の技術と
蓄積した資産があれば
お金の不足分は
そのリターンで賄うことができます。

 

お金に心配がない医師の方が
本業に集中できると思いませんか?

 

<やはり損切りは難しい>

 

投資で一番難しいのは
損切りの記述だと言われています。

 

投資で含み損が出ているものを
損切りで確定してしまうことは
勇気がいることですが、
それができないために
損失が拡大してしまうことがあります。

 

いつか値上がりして
損が少なくなるはずだと
つい期待してしまうのですが、
その間にも機会損失があり、
投資の可能性を少なくしてしまいます。

 

この損切りについては
私も研修医の先生も上手にできなくて
これからの課題だということで
意気投合しました。

 

今後もこのような
大事なことから目を背けずに
割り切って話せる
仲間が増えたらいいなと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。