よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

研究室のセミナー発表を終えました

いざ、マイルで参る
というギャグを思いついて
いつの日か使ってみようと思っていますが
使えるシーンがいまひとつ思いつかない
“よりみち外科医”です

>使い道のないギャグをなんで思いついた

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは仕事には、
わかりやすい節目のイベントがありますか?

 

私の所属する
一番のイベントが
セミナーでの発表です。

 

セミナーとは
研究室のメンバーが全員集まって
一人が発表する機会です。

 

先日私が担当で
無事に発表を終えたので
充実感とともに記事にして情報を共有します。

 

<セミナーの内容>

 

私の所属する研究室では

・ワーク
・ランチ

の二つのセミナーがあります。

 

ワークでは
これまでの自分の実験結果について
現状の報告と、
今後の方針を共有し、
他の研究者からの
レビューをもらう機会です。

 

ランチとは
自分の研究のテーマに関連する
最新の知見を得るために
論文を紹介する
いわゆる抄読会です。

 

数ヶ月に一度の頻度で
どちらかの担当が回ってきて
発表することになっています。

 

だいたい発表の予定日の
1週間くらい前から
集中的に準備をして
当日が一番睡眠不足で
ハイになっています。

 

<毎度学位審査のつもり>

 

毎度鋭い追求を受けることが
研究室の伝統となっており、
ワークでもランチでも
可能な限りの準備をします。

 

毎度の発表が
学位審査のつもりで
話す内容を整理して
理路整然とした発表をしなければなりません。

 

4年間この習慣を
続けてきた結果として、
学位審査でも普段通りの心構えで
挑むことができるということを信じて、
先輩方は見事にクリアされてきました。

 

 

<準備をしていて気づく発見>

 

私はまだ学位審査を経験していないのですが、
セミナーの成果を実感することは
日々経験します。

 

普段の実験は
計画的に進めているはずですが、
改めて見ると足りない実験や、
もう少し条件を整理してやり直したい実験など
ワークの準備をしていて
気付かされることがあります。

 

自分のやろうとしている実験が
本当に新しいものなのか、
いい結果が期待できそうなのか、
ランチの準備で
最新の論文を読み漁ることによって
見えてくることがあります。

 

<ときどき立ち止まって振り返ることも大事>

 

今回の内容は
私の研究室での経験に基づくものですが、
臨床でも応用が効くかもしれません。

 

ケースレポートの論文を書いていると、
自分の向き合った症例に
実は別のアプローチもあったり、
追加したほうがよかった検査があったり、
振り返ることによって
見つかるものがあると思います。

 

私たち外科医は
常に前を向いて
一つ一つ経験を積み重ねていく
性分ではありますが、
大きな飛躍を遂げるためには、
定期的に立ち止まって、
自分がやってきた医療を見つめ直すことが
大事なのではないかと思いました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。