よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

出血再開胸に多く直面する私

仲のいいICU勤務の男性看護師から
勤務中に声をかけられると、
“金の話ですか?エロの話ですか?”
と聞き返す癖をどうにかしたい
“よりみち外科医”です。

>相手もニヤニヤして嬉しそうです

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは職場のトラブルに
よく巻き込まれる印象を
周囲から持たれることはありますか?

 

私が当直の日は
急患や急変が多く
診療科の中では
災いを呼ぶ男として
認知されています。

 

その中でも目立つのが
術後の出血による
再手術です。

 

深夜に心タンポナーデの診断をして
主治医を呼び出し
緊急手術をする準備をするのが
私の役目になっています。

あまり評判が良くない
私の勤務帯の出来事について
私が考えていることを
記事にしました。

 

<術後の心タンポナーデとは>

 

私たち心臓血管外科の
術後管理で
最も危惧していることは
手術操作を行なった場所から
出血することです。

 

心臓の周囲は
心膜という膜に覆われた
限られたスペースしかないため、
少量の出血でも
心臓が強く圧迫されてしまい
うまく拍出できなくなります。

 

この状態が
心タンポナーデであり、
救急処置を要します。

 

<当直中はコールなしでもICU回診>

 

私が当直をしている時間帯では、
特にコールがなくても
3時間ごとにICUを回診しています。

 

コールがあるということは
すでに患者が危険な状態になっている
ということなので、
なるべくコールが来る前に
患者の異変に気付きたいというのが
この行動の主旨です。

 

ある程度の術後管理の経験があると
コール基準に当てはまらなくても、
この手術でこの経過で
この数値はおかしいという
些細なことに違和感を
持てるようになります。

 

早めに手を打って
コールが必要な状態に持ち込まないことが
私が術後管理において
気をつけていることです。

 

 

 

<誰よりも先にタンポナーデを疑う>

 

早めに手を打ったつもりなのに
予想通りの経過にならない時に、
点滴や薬の調整では
カバーできない状態になっているかもしれないと
疑うきっかけになります。

 

私はこの段階で
ドレーンからの出血の有無に関係なく
心タンポナーデを
疑います。

検査の結果
信憑性が高いと判断したら
深夜であろうと
主治医にコールして
緊急手術の準備をします。

 

<深夜に呼び出してごめんなさい>

 

心タンポナーデに限らず
緊急の処置が必要であったり
自分には対応できない問題が起こると
深夜でも主治医にコールして
対応していただいています。

 

いつもありがとうと言われることもあれば
電話越しに舌打ちされることもあります。

 

心臓外科医の当直とは
そんなものです。

 

少しでも患者の容体が良くなるように、
少しでも次に引き継ぐ仲間の仕事を増やさないように
今日もよなよな
当直業務を行なっています。

 

いつか自分も陽の目を見る
心臓外科医になれたらなと
ボヤきながら、
トボトボと研究モードに切り替える
よりみち外科医でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。