よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

自己投資って難しい

健康のために
プロテインを飲んでいるが
筋トレをしていないので
今のところ成果が出ておらず
それでも今後の筋肉量増加を
ちゃっかり期待している
“よりみち外科医”です。

>残念な発想です

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは積極的に
自己投資をする方ですか?

 

私はあまり自己投資が
上手は方ではなく、
王道と言われる読書に関しては
これまで全く習慣化してきませんでした。

 

YouTubeを閲覧していると
自己投資の重要性を説いた話は
よく散見され、
それをきっかけに読書を始めると
その大事さに気付かされることが
多々ありました。

 

今回は自己投資に対する
自分の考え方を整理しました。

 

<自己投資って何?>

 

Weblio辞書によると、

自己投資とは
自身の能力的・人格的な成長
あるいは美的洗練のために
資本(資金)を投じること。

とあります。

 

その能力や成長は
仕事に対してであっても
趣味やプライベートに対してであっても
問題ないと思われます。

 

大事なことは
自分のこれからについて
どんなビジョンを描いているか、
そのビジョンを具体的に描くために
何が必要なのかを
きちんと考えていることだと思います。

 

自己投資は
なりたい自分になるための
ヒントや答えをもとめる行動に
お金や時間をかけることだと
私は理解しています。

 

<自己投資と無駄遣い>

 

無駄遣いを
自己投資と区別することは
意外と難しいと思います。

 

自分の描いたビジョンが
高級外車を乗り回す
かっこいい男という場合は
高級外車は自己投資ですし、
収支が見合わない人にとっては
それは無駄遣いです。

 

また、
以前に記事にしたことがありますが、
無駄遣いこそ
その人の個性を表すものだと思っているので
私は無駄遣いに対して
否定的ではありません。

 

yoriste-shota-hitorigoto.hatenablog.com

 

ただ、
正しい自己投資というのは
人それぞれですが、
自分が少し成長した自分になるために
収支に見合う投資をすることが
妥当なのではないかと思います。

 

 

 

<仕事はプライベートと切り離すべきか>

 

周囲を見渡して感じることですが、
仕事とプライベートを完全に切り離して
収入はプライベートのためにしか
使えない人が少なくないと思います。

 

プライベートを充実するために
収入を得ているのは理解できますし、
それを否定するつもりはありません。

 

しかし、
収入が増えたり
仕事に関わる時間が少なくなれば
プライベートはさらに充実しますし、
仕事がうまくいけば
落ち込んだり後ろめたい気持ちで
プライベートを過ごさずにすみます。

 

少し先の未来が描くことができれば
多少は仕事に自己投資した方がいいことに
気付けるのではないかなと感じています。

私の場合いうと、
手術手順書などの書籍や、
外科手術の練習用の道具などです。

 

手術道具は自分で購入すると高くつきますが、
好きな時間に妥当な道具で練習できるので
少しでも早く手術に慣れるために
必要不可欠だと思います。

 

<人に伝えるのは難しい>

 

大学院生になって
自己投資に関して多少勉強し、
周囲の仲間に伝えて行こうとしていますが
なかなか難しく感じています。

偉そうな口調になるのも嫌ですし、
自分が背中を見せられるほど
成功しているわけでもない。

 

ただ、
一人でも多くの仲間が
外科医としてうまくやってほしいので
自分がちゃんと結果を出して
引き上げる力を身につけたいです。

 

惰性で仕事を続けるのではなく、
少し先の未来を想像しながら
そこに向かう仲間が多いチームは
きっと強くなると思います。

 

-今日のDeepL-

自己投資とは、自身の能力的・人格的な成長のために資本を投じることである。

Self-investment is the investment of capital for one's own competent and personal growth.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。