よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

母に子どもの面倒を見てもらいました

久しぶりに
野球の中継を見たら
知らない選手ばかりで
甲子園を見る時と同じ感覚で
とりあえず全力で頑張っている雰囲気がある方を
応援している
“よりみち外科医”です。

>バットが金属じゃないことは理解した

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは仕事が忙しい中で
どのように子育てに関わっていくか考えて
具体的な策をとっていますか?

 

偉そうなことを言えるほど
子育てとしっかり向き合えていない
私ではありますが、
あえて子育てについての
記事を書くことにしました。

 

<心臓外科医はワンオペに頼りがち>

 

わたしたち外科医は
日中は手術や術後管理を行い
空き時間には論文を読んだり作成したり、
プライベートの時間でもオンコールに対応したりで
家族との時間が自然と
ないがしろになってしまいます。

 

私も例外ではなく、
子育てはほとんど
妻に頼りっきりになってしまい、
いわゆるワンオペ状態です。

 

一生懸命働いて
お金を稼いてきて
家族を養っているのだから
それでいいんだと
諦める人もいるかもしれません。

 

あなたが子どもの頃に
そのような姿の父親に
自分がなりたいと思ったことが
ありましたか?

 

<妻にも予定がある>

 

視点を妻の立場に移すと、
さらに心配なことは増えます。

 

美容室に行ったり、
病院に通ったりと
子どもと同伴できない予定が
少なからずあると思います。

 

そんな時に頼れる夫がいない
そんなワンオペ状態で
放置していいというのは
あんまりな気がします。

 

それでは
自分に子育てに関わる時間がない
夫にできることはないのでしょうか?

 

 

 

<実家との連携が大切>

 

核家族化が進んで
3世代で同居している人は
もはや少ないと思います。

 

気軽に子どもの世話を
任せることができる同居人がいないので
こちらから探しにいくしかありません。

 

そんな中一番頼りになるのは
夫婦の実家の両親でした。

 

子どもを育てるという自覚を持ってすぐに
実家との連絡をきちんと取ることが
私にできるせめてもの協力だと考えました。

 

先日、
妻が病院の受診予定であった時間に
私には緊急手術の予定が入り
誰も子どもの世話をすることができない
最悪の事態が起こりました。

 

そんな中、
実家の母親に電話して子どもの世話を依頼し、
快く引き受けてもらいました。

 

結局私には何もできませんが、
できる人を繋いでおくことが
私の役割なのだと思っています。

 

<子育てをしながら学んだこと>

 

一緒にいる時は真剣に向き合うこと、
一緒にいない時も何かしらのサポートを用意することが
仕事をないがしろにせず
子どももないがしろにしない
大事なことだと思います。

 

その場にいなくても
そこにいる人たちに貢献すること

 

これは子育てに限らず
非常に重要な考え方だと思います。

 

自分が病院にいなくても
治療が過不足なく行える
システムを作ること

 

自分が逐一注意しなくても
誤った判断に舵を切らないように
チームとしての理念を
共有しておくこと

 

家にいなくても
ルンバが家の掃除
ホットクックが夕食の準備を
勝手にしてくれる日常を手に入れること

仕事でもプライベートでも関係なく
自分の貢献度はどこまでも
広げることができるんですね。

 

これからは一人の人間が
二人分も三人分も
人の役に立てる時代がきます。

 

一人前で満足していては
相対的には価値の低い人に
分類されてしまうかもしれませんね。

 

-今日のDeepL-

一緒にいてもいなくても、子どもをサポートできる仕組みを作りたい。

I want to create a system that can support children whether they are with me or not.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。