よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

昼からビールを飲んだらダメみたい

バスに乗っていたら
乗車している人の着信で
ファンファーレがなったので
とりあえず胸に手を当てて
精神状態を落ち着けた
“よりみち外科医”です。

>変な巻き込まれ方してる

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは昼からお酒を飲む生活に
憧れたことはありますか?

 

連休の中日などで
お昼からお酒を飲むことに
憧れることがあります。

 

もちろん
実際に昼からお酒を飲むことは
ほとんどないのですが、
実家に帰省した時に
たまたまそのような機会があったので
私なりのレビューをしました。

 

<連休に帰省しました>

 

私の実家も妻の実家も
現在住んでいるところから
車で20分くらいの距離なので
割と頻回に帰省していますが、
GWには
時間をゆっくりとって帰省しました。

 

一番の目的は
子どもの顔を見せることですが、
仕事やプライベートの話を
語り合うのも楽しみの一つです。

 

実家の両親も
ようこそといった感じで
いろいろな準備をして
温かく迎え入れてくれます。

 

<帰省のミッションとは?>

 

実家の方は
私たち家族ががくつろげるように
おもてなしをしてくれますが、
私たちのミッションは
くつろいでぼーっとすることではありません。

お互いの近況報告や情報交換、
今考えていることや困っていること、
過去の思い出話を共有することなど
話したい内容はたくさんあります。

 

逆にここでしっかり
コミュニケーションが取れていないと、
お互いに万が一のことがあった時に
対応が遅れて
できるはずの協力が
できなくなってしまうかもしれません。

 

そういったことがないように
定期的に実家と対面で
コミュニケーションを取ることは
大事なことだと思っています。

 

 

 

<昼からビールを飲んだ結果>

 

妻の実家をお邪魔した時に
おもてなしでビールをいただきました。

 

念願だった
昼からお酒を頂戴したことになります。

 

とても上機嫌になりながら
会話を楽しんでいましたが、
割とすぐに眠気がきて
うとうと眠ってしまいました。

 

その時の会話の内容も
ほとんど覚えていません。

 

もともと昼ごはんを多く食べると
眠たくなる体質なので
お酒が拍車をかけた形です。

 

実家の両親が気を利かせて
寝室に布団を用意してくれて
そのまま夕方まで寝てしまいました。

 

<目的を見失う中年男>

 

前述した通り
実家に帰ることは
その既成事実が大事なのではなく
明確なミッションがあります。

 

生活の一部をあづけられる
信用できる人が
一人でも多くいた方がいい。

 

実家の両親は
その一番の理解者であり、
ないがしろにしてはいけません。

 

ところが今回の昼から飲酒で
私は完全に目的を見失い
何も得ることがなく帰宅しました。

 

昼から飲酒することが
全て悪いとは思っていません。

 

昼から飲酒するという
イベントで集まったコミュニティーで
結束力を深めたり
連絡先を交換したり
次につながる活動であれば
それは立派なミッションであると思います。

 

私もいい大人なので
行動の結果が有意義なものか
もう少し考えなければなりませんね。

 

-今日のDeepL-

一人の中年男が、昼から飲酒して目的を見失った。

One middle-aged man lost his purpose after drinking since noon.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。