よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

毎週大動脈解離を引き当てる

カルテのサマリーを作る時は
誰がみるわけでもないからと言って
適当に作りがちですが、
データ集めをするときに
サマリーが適当すぎて
情報を探すのに苦労する
“よりみち外科医”です。

>自業自得です

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは嫌々引き受けた仕事を
後になってやってよかったと感じることはありませんか?

 

最近急患を引き当てすぎて
医局員が私を見るだけで
心配そうな顔をするようになりました。

 

今回も遠方からの紹介で
急患を呼び寄せた時のことを
記事にしました。

 

<週に一回の当直>

 

私は毎週1回の
当直業務をしています。

 

基本的には病院の規定で
勤務時間は17時過ぎに
勤務終了となるため、
以後は一人で
ICUや病棟の患者を見たり、
急患対応をしたりしています。

 

曜日が固定されているので、
毎週私が当直する曜日になると
何か起こるかもしれないと
周囲がソワソワし始めます。

 

曜日ごとのカラーがあるので
病棟で働く人たちにとっては
当直医が曜日を感じる
一つの風物詩のようになっています。

 

<夕方に外線コール>

 

他院からの紹介は決まって
夕方に多い傾向があります。

 

日中に患者にトラブルがあって
病院に駆け込んで
精密検査を受けて結果が出るのが
それくらいの時間になるからだと思います。

 

外線を受ける側からすると
もうすぐ勤務が終了、
あるいは帰りがかったところで
私から受け入れの報告を受けることになり
ここから1日仕事が始まるとなると
少し思いやられる感じで引き受けることになります。

 

最近の受け入れ状況はと言いますと
ほとんどが夕方の日勤帯終了直後でした。

 

 

 

<遠方からはるばる>

 

遠方から遥々
救急搬送されてくるケースも
珍しくありません。

 

ご紹介いただく病院の先生は
周囲の病院に依頼しましたが
すべて断られてしまったということで
藁をもすがる思いで電話されています。

 

こういう困った時には
お互い様です。

 

日頃から患者をご紹介いただいたり
術後のフォローアップをお願いしたり
助けていただいている関係なので
可能な限り引き受けるスタンスで
こちらも貢献するしかありません。

 

搬送中に急変したらどうしようかと
不安な気持ちもありますが
万全の状態で
到着を待っています。

 

<家族と話して受け入れの大事さを再確認>

 

到着したら急いで
患者の状態を把握して
手術前の評価を行います。

 

そして条件が満たされたら
急いで手術室に搬送。

 

その後ご家族と面会する機会がありましたが、
本人の病気が発覚して
手術が必要と言われてから
搬送先が見つからなかった不安と
こちらに到着した安堵について
お話しされました。

 

大動脈解離の急患手術は
非常に大変な大手術ですが、
それを発症してしまった本人と家族の
不安の大きさも
計り知れません。

 

そういった患者を少しで多く
助ける技術を研鑽すること、
そして引き受けるための体制を
しっかり作っておくことが
私たち心臓血管外科医が
地域に貢献できる
大きな役割なんだと思います。

 

そんなことを考えながら
今日もいつ鳴るかわからない
PHSを握りしめて
当直業務を全うします。

 

-今日のDeepL-

大動脈解離を発症した本人と家族の不安は計り知れない。

The anxiety of patients and their families who have developed aortic dissection is immeasurable.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。