よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

悩むと考えるとは違う

趣味が人間観察という人のことを
変な人だと思っていたら
変な人こそ気になってきて
自分も人間観察が趣味になった
“よりみち外科医”です。

>一つ大人になりました

 

私のプロフィールについては以下をご参照ください。
https://yoriste.com/profile/

 

あなたは悩むことと考えることの
使い分けをしていますか?

 

今回も書籍のレビューです。

 

"イシューからはじめよ"という書籍から
一部引用して
備忘録として記事に残しました。

 

 

<"イシューからはじめよ"を読んで>

 

今回の書籍は
少し内容が難しくて
Audibleで聞くだけでは
理解が難しい内容でした。

 

すごくざっくり説明すると、
結果を出す努力をするためには、
”この問題をどう解決するか"ではなく、
"何を問題とするか"に重点を置く方が良い
という内容でした。

 

つまり、
問題(イシュー)をどう定義するかを
しっかりと考えることが重要で
この書籍では
そのイシューをどのようにして見つけていくかを
説明しています。

 

マーケット関連のビジネス書なので
深いことは医療とは
少し関連が薄い印象はあり、
ついていくのが少ししんどかったです。

 

一方で
その中で非常に気になった内容があったので
共有します。

 

<悩むとは>

 

筆者は悩むことと考えることを
明確に区別されています。

 

まずは、
悩むとはどういうことなのか。

 

これは答えが出ないことを前提に
考えているふりをすることです。

 

答えに辿り着くことはないので
いくらやっても疲労感しか残らない
生産性のない作業になります。

 

このように言われると
聞こえが悪いですが、
パーソナルな問題で、
向き合うことに価値がある場合は
この作業が有効な場合があります。

 

ビジネスというよりも
プライベートで人間関係の構築においては
大事なことだと考えられます。

 

 

 

<考えるとは>

 

一方で考えるとはどういうことか。

 

答えが出ることを前提に、
体系的に考えて組み立てることです。

 

ビジネスなどの場面では
結果に結びつく活動をする必要があるので、
悩む作業はただの浪費であり、
考える作業が求められます。

 

頭を使う作業では、
この悩む作業と考える作業を
明確に区別して、
しかるべき状況と対応を
していくことが良いでしょう。

 

この書籍では
これらの前提をもとに
考えるために必要なことのエッセンスとして
イシューから始めることを
勧めています。

 

<考えるためにできること>

 

答えが出ないこと、
答えが出ても得られる結果が有用でないことは、
極力やらないことが大事です。

 

つまり、
考えることを優先するために
悩むことをやめることです。

 

そのためには
問題点をしっかりと見つめて
解決する価値があるものを
見つけ出しましょう。

 

答えがあるものに近づく努力をすることは
意外と苦にならないかもしれませんよ。

 

 

-今日のDeepL-

考えると悩むは明確に区別できる。

A clear distinction can be made between thinking and worrying.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

外科医の日常をつぶやきつつ
少しでもお役に立てる情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。