よりみち外科医のひとりごと

"よりみち外科医のstep up note"のセカンドブログです。

 大学院で基礎研究によりみちした外科医が、
 技術的、経済的、社会的自立を目指して
 奮闘する毎日を描いた
 ひとりごとブログです。

 

成功すると思いますか?に対する答え

病院で
"直ぐにお呼びしますから"
と言われて
待合に通されたのに
20分待たされたという経験から
次からは
"すぐって何分くらいですか?"
と具体的な数値を求めるようにするかしないか悩んでいる
"よりみち外科医"です。
#嫌われるに決まってる

 

 

 

podcast堀江貴文さんと成毛眞さん(元マイクルソフト社長)の
対談の放送を聞いて、
とても面白い内容だったので共有します。

 

対談の内容は投資に関することで
この二人は全く違う内容の投資をしていました。
#また投資の話か

 

堀江さんは自分の事業に投資をして
自ら事業を拡大するスタイルで、

成毛さんは米国の事業が拡大しそうな企業に投資して
株価が上がるのを待つ投資のスタイル

投資する先が対極的ですが
いずれも事業が拡大することを期待していると言う点で
共通しています。
#どちらも規模がエグい

 

 

世間では投資に関する話題が溢れている中、
この二つのスタイルがあることは知っておくべきだと思います。

 

そして投資が成功するためには
投資した先の事業がうまくいかなければなりません。

 

成毛さんの元には
生き残る企業はどれか、
成功する企業はどんな企業か、
と言う質問がよくあるそうです。
#さすがです

 

それは正直わからないし、
大半の企業が生き残って
いつかは大半の企業がなくなるんだと思う
それには運の要素もある
と言うことでした。

 

他人の事業に投資をする場合は
その内部を完全に把握はできないし
社会の流れも未知数であるため
うまく需要に合わせられる企業を
完全に当てることはできないと言うことでした。

 

ただ、
運は努力し続けていないと
試される機会も得ることができないので
個人でも企業でも
継続して努力することは必要だと言う意見もありました。
#byドラゴン桜

 

ここからが面白かったのですが、

 

事業で成功し続けている起業家に
次の事業も成功し続けると思いますかと質問したら、
成功するまで努力し続けるから必ず成功します
と言う人がいたそうです。
#出来レースってこと!?

 

何をもって成功とするかは人それぞれですが、
やり抜く力がある人は
成功するまで続けることを最初から覚悟しているので
成功して当たり前だと思っているそうです。

 

やり抜く力については
以前こちらの記事でも触れました。

 

yoriste.com

 

 

無謀な挑戦を続けることが必要だとは思いませんが、
ある程度の勝算が見込めることなら
成功するかどうか考えるのではなく
やり抜くから成功する未来しか考えていないと言うのは
非常に興味深い発想だと思いました。
#私にはない発想

 

やり抜く力は
結局のところその仕事を任された人によるので
企業などの看板によるものではないかもしれません。

 

投資家や、
仕事を任せる立場の人や組織が
事業を成功させるために
相手のやり抜く力を見極めようとするならば
受け手はそれを証明する実績や熱意を持たなければなりませんね。

 

私個人としても
医局の看板に守れるだけの存在にならず
自分のやり抜く力を発信していけるように
努力するべきだと考えさせられました。
#まだ何者でもない

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

こちらのメインページにも遊びに来てください。

→よりみち外科医のstep up note | 回り道でもupdate!!

 

記事内のリンクの一部は
アフィリエイトを含みます。

 

こちらから購入されると
よりみち外科医の活動を応援していただくことになり、
その利益はすべて
手術器具や後輩育成の教材に使用させていただきます。

 

外科医の未来を応援していただける方々の
少しでもお役に立てるように今後も情報を発信していきます。

 

ひとやすみ、ひとやすみ。